京つう

  ビジネス/起業  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2014年04月04日

山口硝子製作所様 「知恵の経営」実践モデル企業に認証

京都商工会議所 知恵産業推進室の支援先である
山口硝子製作所(代表 山口誠 、副代表 山口信乃介)様が、
京都府「知恵の経営」実践モデル企業に認証されました(平成26年3月)。





















山口硝子製作所様は、大正14年、京都の分析機器メーカーの理化学用ガラス器具
の製造下請け工場として創業されました。 
今日においても、同社は、主に理化学用ガラス器具の製造・販売を行うガラス加工業者
として、分析・計測機器を製造するメーカーに対し、オーダーメイドの分析・計測装置用
のガラス部品を提供されています。
全従業員が手作業のガラス加工技術を習得したガラス職人であり、その歴史は約90年
に及びます。少量の複雑なガラス製品を安価に作製できる同社は、品質・納期・対応面
で大手分析・計測機器メーカーから高い評価を受けておられます。

今回は、代表の山口誠様および副代表の信乃介様にインタビューしましたので、 紹介させていただきます。
<概要>
 事 業 所 名  山口硝子製作所
 代     表  山口誠
 所  在  地   京都市左京区新丸太町通仁王門下がる新丸太町59
  事 業 内 容 理化学用ガラス器具(※1.)、分析・計測機器用(※2.)のガラス製品、
          装飾用ガラス製品の製造・販売
         ※1.理化学用ガラス器具…ビーカー、フラスコ、反応容器、蒸留器、
                    冷却器、分析・計測機器用ガラス部品など、分析・
                    計測用途に作製されるガラス製品全般のことを指します。
         ※2.分析・計測機器…物質の組成,性質,構造,状態等を定性的・
                    定量的に測定する機器のことで、環境水質調査や
                    工業・生活排水の評価・食品の分析など多くの
                    局面で使用されます。
   ホームページ http://www.yamaguchi-glass.com/


  
  
            工場の製作風景

Q 「知恵の経営」(報告書)に取り組み始めたきっかけは何でしたか?
A 京都商工会議所入会時に担当支援員からの案内で「知恵の経営」のことを知り、
  
  会議所主催の「知恵の経営」入門セミナーに参加したのが始まりです。

Q 「知恵の経営」報告書作成目的は、何でしたか?
A この報告書は、顧客の皆様・弊社従業員に、当社の強み、特徴をより深く知っていただく
  べく作成しました。  
   
  ガラス加工業界というものは、一般的に広く知られた分野ではなく、日常生活でも馴染のない
  材料や技術を使用しているため、顧客および弊社従業員に対し、その内実と弊社の置かれて
  いる立場や強み、今後の方向性をよく理解していただく資料となれば、と考えておりました。 

  他方、創業以来の事業展開を文字にしてまとめていき、現在、新たに制度化している
  取り組みをわかりやすく伝える手段としても、報告書を作成しようと思いました。


Q 「知恵の経営」報告書はどのようにして作成を始められましたか?
A 報告書の作成にあたって、弊社単独では、何をどの程度まで書けば良いのかわかり
  ませんでした。そこで、「知恵の経営」実践セミナー(京都商工会議所 主催)を受講し、
  骨子をつかむところからスタートしました。


Q 報告書をまとめていく際に苦労された点はどんなところですか?
A ・最初は、自社の歴史に関する資料不足に悩みました。社歴を振り返るにあたっては、
   長く勤めていただいているベテラン従業員にも聞きながら、確認していくことも多々ありました。
  

  
  ・また、報告書作成に対する社内の理解、協力を得るまでに時間を要したことです。
   熟練職人の中には、「報告書作成や認証によって何の役に立つのか」という意見も
   ありましたが、経営者の思いと弊社にとっての意義、認証メリット等を話し、コミュニ
   ケーションをとり続けることを通して、次第に理解を得られるようになりました。

  
  ・報告書の内容を考え直したり、書き直したりして、弊社「強み」や「知恵」を掘り下げていく
   ことに苦労いたしました。ですが、3度4度と繰り返し見直していくうちに、例えば、弊社の
   ガラス加工技術などは現場で培われた知恵なんだな、ということを徐々に認識するよう
   になりました。


Q 御社の知恵の源泉はどのような点だと思われますか?。
A 従業員が安心して働くことができる家族的な社風と、ガラス製品を一から完成品まで
  作り上げることで仕事の面白さがすぐにわかる点かと考えています。

  初代山口伊三郎は、穏やかで従業員を家族のように大事にする人だったと聞いており、
  現在も、従業員相互の尊敬・愛情は最も重要なものとしてその精神を受け継いでいます。

  新人が熟練のガラス職人になるまでには何十年も掛かります。その後会社を辞めずに
  働き続けてもらわなければ、会社にはガラス職人が根付きません。歴々の熟練職人と
  現在の従業員がなぜ弊社で仕事を続けているかといえば、当社に安心して働くことの
  できる環境が存在したからであり、家庭的な社風がその環境の土壌となり続けています。


Q 報告書を作成されて良かった点はありますか?
A 自社の事業展開や強みや知恵について第三者の立場で見ていただき、評価を得られた
  ことが大きいです。  また、専門家派遣や担当の経営支援員のアドバイスを聞いて、
  自分たちの会社を客観的に見つめ直す良い機会になりました。

  従業員の意識も、少しずつ変わってきており、今後の経営にも活かしていけると
  考えています。

Q これから「知恵の経営」報告書を作成される方へのメッセージをお願いします。
A 自社の強みや経営に活かしている知恵を第三者に見ていただき、評価を得る
  ことは、自社事業展開の意義深さや価値に改めて気づくことにつながり、経営者
  および従業員が自信を持って仕事に向き合うことにつながります。

  
  報告書作成時間には、想定していた以上に時間と労力を要しましたが、
  取り組んだことはよかったと感じています。

 
  ぜひ皆さんにもチャレンジしていただきたいです。


  
















       

                加工風景
 
(ガラス加工の基本技術を組み合わせて複雑度と困難度の高い製品を作製)

















  熟練の技術で仕上がった分析装置用および機器用ガラス部品

山口様、ありがとうございました。
山口硝子製作所さんの今後のご活躍がますます楽しみになってきました!
----------------------------------------------
  ★京都商工会議所は、「知恵の経営」報告書の作成支援をしています。
   お気軽にお問合せください。
  ・中小企業経営支援センター 知恵産業推進室
   ℡:075-212-6470


  


Posted by 知恵ビジ at 12:59Comments(0)お知らせ

2013年06月26日

「知恵の経営」入門セミナー実施報告(6/20)

6月20日(木)、京都商工会議所は「知恵の経営」入門セミナーを実施しました。

 ~「当たり前」に埋もれた強みを引き出す「知恵の経営」報告書~
-------------------------------------------------------------------
・日時  :平成25年6月20日(木) 13:30~16:00
・会場  :京都商工会議所 3F 役員室
・【第1部】講演:競争力を高める知的資産経営のススメ
      講師: 戦略ブレイン 代表 青木 宏人 様
          (中小企業診断士) http://strategic-brain.jp/
 【第2部】 事例発表:
       「知恵の経営」報告書作成で見えた我が社
       ~これまでとこれから~
      講師:(株)たにぐち 代表取締役 谷口 容造 様
          http://www.taniguchi-inc.co.jp/index.html
---------------------------------------------------------------------

約60名の皆様に参加いただきました。

セミナー風景


第1部は戦略ブレイン 青木 宏人 代表の講演。
知的資産経営が、自社のあるべき姿を達成するために使用する
経営手法である説明とともに、現在の知的資産を「認識」「見える化」し、
今後の経営に「活用」という3段階で考えるポイントを4社の事例を
用いて具体的に解説していただきました。
 
青木講師


第2部は、株式会社たにぐち 谷口 容造社長の事例発表。
DVD動画による会社沿革の紹介と、2度にわたる報告書作成に
取り組んだ動機や作成の意義、報告書の公開によって得られた
効果について話されました。

谷口社長

平成22年度および24年度の報告書は2度とも京都府「知恵の経営」
実践モデル企業の認証を受けることができました。
谷口社長の「商品のストーリーを掘り起こし、伝える力」「顧客の声
を聞き、改善に活かす仕組み」という知恵の実践に受講者一同
聞き入りました。

たくさんの皆様にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。


★京都商工会議所は、「知恵の経営」報告書の作成支援をしています。
 お気軽にお問合せください!!
京都商工会議所 知恵産業推進室 
075-212-6470 bmpj@kyo.or.jp
   


Posted by 知恵ビジ at 21:36Comments(0)お知らせ

2012年10月24日

知恵ビジネス認定プラン FM京都出演 (有)篠ファーム様

“ミュージック”、”カルチャー”、”ビジネス“を京都から世界に発信するラジオ番組(FM京都 αステーション「KYOTO NATION」)に毎月2回、本所が支援する会員企業様が出演させていただいております。

■提供:FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT
■協力:京都商工会議所
■ラジオ局:エフエム京都・周波数:89.4MHz
■出演番組:KYOTO NATION 毎週火曜日21:00~22:00
■DJ:森夏子さん、フクヤマトシキさん 


今回(10/23放送)は、「第2回知恵ビジネスプランコンテスト」にてプラン認定を受けられた有限会社篠ファーム高田社長にご出演いただきました。
http://www.shinofarm.jp/


篠ファーム



篠ファーム様の意欲的なお取り組みと熱い思いに話が弾みます。


篠ファーム



高田社長の軽快なトークに時間が足らないほど盛り上がりました。

みなさん、おつかれさまでした。

これからも、さまざまな事業者さんのユニークなビジネスを紹介していきます。お楽しみに!


<会社概要>
有限会社篠ファーム
代表者 : 高田 実
住所 : 京都府亀岡市馬路町狐瀬20-1
TEL : 0771-24-7878
Web : http://www.shinofarm.jp/
業務内容:農園芸商品の企画・販売・製造.


★京都商工会議所 知恵産業推進室は、知恵ビジネスプランコンテスト認定企業様への
 ハンズオン支援を行っています。
  


Posted by 知恵ビジ at 23:40Comments(0)お知らせ

2012年05月30日

有明産業株式会社 2回目の「知恵の経営」実践モデル企業に認証

 京都商工会議所 知恵産業推進室の支援先である有明産業株式会社
(代表取締役・小田原俊秀社長)様が2回目の京都府「知恵の経営」
実践モデル企業に認証されました。
 有明産業さんは洋樽の製造販売を行っており、それぞれの焼酎・
ワインメーカーの用途に応じて新樽だけでなく輸入樽や中古樽の販売、
再生を行っています。
 今回は、小田原伸行専務、小田原孝吉常務、藪下誠之課長に
知恵産業推進室の谷口、久世がインタビューしましたので、
ご紹介させていただきます。


      左から小田原孝吉常務、小田原伸行専務、藪下誠之課長

      会社概要
【会  社  名】 有明産業株式会社
【創     業】 1963年
【会 社 設 立】 1973年1月16日
【代  表  者】 小田原 俊秀
【従 業 員 数】 49人
【資 本 金】 3,000万円
【事 業 内 容】 洋樽製造・販売、人材派遣
【本社所在地】 京都市伏見区東菱屋町428-2
【工場】 宮崎県児湯郡都農町大字川北1948-2
【Webサイト】 http://www.ariake-oak.jp/


Q 2度目の「知恵の経営」報告書を作成して、どのような効果が
  ありましたか。

小田原専務:1度目に作成した時は何もないところから自社の強みや
        経営理念を形にするところで苦労しましたが、2度目は
        それをベースにしつつ、顧客ネットワークなどのあらた
        めて気づいた自社の強みや知恵の活かし方を意識しなが
        ら作ることができました。

小田原常務:1度目は作成すること自体を目標になってしまっていま
         したが、2度目はこの2年間の動きを客観的に見つめ直
        すことを目標に取り組みました。

藪下課長:弊社の事業は単に樽を売るのではなく、メンテナンスも含
        めた総合的なサービスでお客様のお酒造りに貢献すること
        なのだ、と再確認できました。


Q 本所の支援はいかがでしたか。
  (支援員と専門家(中小企業診断士)が担当)

小田原専務:非常に親切に対応していただきました。経営理念を明確にする過程
        で従来、漫然とこなしていた業務を“カタチ”にすること
        の重要さを大変丁寧に教えてもらいました。
        また、会議所の方からご指摘をいただいたことで、日常業務の
        中でこれまで認識していなかった自社の強みを発見することが
        できました。


Q これから「知恵の経営」に取り組む方に一言お願いします。

小田原専務:「知恵の経営」は作ったら終わりではなく、2年ごとに
        作り直してその時の自社の進むべき道を探ることが本当
        に大事だと2回目の報告書を作って思いました。


Q 今後の抱負をお願いします。

小田原専務:外部環境が大きく変化していく中では、自社の経営戦略を
        絶えず見直していく必要があります。「知恵の経営」報告
        書を継続的にブラッシュアップしていくことなどによって、
        変化に柔軟に対応できる会社にしていきたいと考えています。

小田原常務:今後も後継者である兄を支えていきながら、一緒に頑張って
        いきたいと思います。



小田原伸行専務、小田原孝吉常務、藪下課長、ありがとうございました。
今後の有明産業さんの進化が楽しみですね。


小田原専務は6月27日開催の「知恵の経営」入門セミナーにパネリスト
としてお話しいただきます。ご興味をお持ちになられた方は下記のURL
からお申込み下さい。

詳細・申込み
http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_093202.html
  


Posted by 知恵ビジ at 16:45Comments(0)お知らせ

2012年05月09日

知恵ビジネス認定プラン FM京都出演(㈱フィルノット)

“ミュージック””カルチャー””ビジネス“を京都から世界に発信するラジオ番組(FM京都 αステーション「KYOTO NATION」)にて、毎月2回、本所の支援事業者さんがゲスト出演させていただくこととなりました。

■提供:FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT
■協力:京都商工会議所
■ラジオ局:エフエム京都・周波数:89.4MHz
■出演番組:KYOTO NATION 毎週火曜日21:00~22:00
■DJ:森夏子さん、フクヤマトシキさん 


第3回目(5/8)は、第2回知恵ビジネス認定プランの㈱フィルノット小崎社長・稲森さま。
http://www.philknot.com/


フィルノット

まるで旧知の仲のような稲森さんと森さん。笑い声が絶えません。
ラジオなので、フィルノットの光のコスチュームやオブジェを見せられないのが残念です。

フィルノット

あっという間の20分。
みなさん、おつかれさまでした。

これからも、さまざまな事業者さんのユニークなビジネスを紹介していきますので、お楽しみに。

  


Posted by 知恵ビジ at 10:00Comments(0)お知らせ

2012年04月25日

知恵ビジネス認定プラン FM京都出演(㈱ティーヘッド)

“ミュージック””カルチャー””ビジネス“を京都から世界に発信するラジオ番組(FM京都 αステーション「KYOTO NATION」)にて、毎月2回、本所の支援事業者さんがゲスト出演させていただくこととなりました。

■提供:FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT
■協力:京都商工会議所
■ラジオ局:エフエム京都・周波数:89.4MHz
■出演番組:KYOTO NATION 毎週火曜日21:00~22:00
■DJ:森夏子さん、フクヤマトシキさん 


第2回目(4/24)は、第3回知恵ビジネス認定プランの㈱ティーヘッド吉田社長さま。


ティーヘッド 

フロッキー加工のTシャツを見ながら、楽しい会話が弾みました。

ティーヘッド


みなさん、おつかれさまでした。

今後一年間にわたり、知恵ビジネス認定プラン事業者に加え、さまざまな事業者さんのユニークなビジネスを紹介していきますので、お楽しみに。

  


Posted by 知恵ビジ at 02:27Comments(0)お知らせ

2012年04月25日

知恵ビジネス認定プラン FM京都出演(㈱ティーヘッド)

“ミュージック””カルチャー””ビジネス“を京都から世界に発信するラジオ番組(FM京都 αステーション「KYOTO NATION」)にて、毎月2回、本所の支援事業者さんがゲスト出演させていただくこととなりました。

■提供:FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT
■協力:京都商工会議所
■ラジオ局:エフエム京都・周波数:89.4MHz
■出演番組:KYOTO NATION 毎週火曜日21:00~22:00
■DJ:森夏子さん、フクヤマトシキさん 


第2回目(4/24)は、第3回知恵ビジネス認定プランの㈱ティーヘッド吉田社長さま。


ティーヘッド 

フロッキー加工のTシャツを見ながら、楽しい会話が弾みました。

ティーヘッド


みなさん、おつかれさまでした。

今後一年間にわたり、知恵ビジネス認定プラン事業者に加え、さまざまな事業者さんのユニークなビジネスを紹介していきますので、お楽しみに。

  


Posted by 知恵ビジ at 02:27Comments(0)お知らせ

2012年04月12日

知恵ビジネス認定プラン FM京都出演(フィールドアロー㈱)

“ミュージック””カルチャー””ビジネス“を京都から世界に発信するラジオ番組(FM京都 αステーション「KYOTO NATION」)にて、毎月2回、本所の支援事業者さんがゲスト出演させていただくこととなりました。
DJのフクヤマトシキさん、森夏子さんとの軽快で楽しいトーク、必聴です!!


■提供:FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT
■協力:京都商工会議所
■ラジオ局:エフエム京都・周波数:89.4MHz
■出演番組:KYOTO NATION 毎週火曜日21:00~22:00
■DJ:森夏子さん、フクヤマトシキさん 


第1回目(4/10)は、第2回知恵ビジネス認定プランのフィールドアロー㈱矢野社長さま。


  
 
 
  
DJのお二人の上手なリードで、トークが弾みました。


 

  
 

みなさん、おつかれさまでした。

今後一年間にわたり、知恵ビジネス認定プラン事業者に加え、さまざまな事業者さんのユニークなビジネスを紹介していきますので、お楽しみに。

  


Posted by 知恵ビジ at 23:00Comments(0)お知らせ

2011年06月02日

大木工藝様 日本神経病理学会総会にてブース出展

知恵ビジネスプランコンテスト認定企業・㈱大木工藝様が
6月2日(木)から4日(土)まで京都テルサで開催の
日本神経病理学会総会 学術研究会にブース出展されました。
http://www.secretariat.ne.jp/jsnp52/


展示されてるのは、このたび完成した
美顔ローラーやガムローラーの試作品等です。


これが美顔ローラーの試作品です。


御担当の営業部宮島課長、お疲れ様でした。


<企業概要>
【代表者】 大木 武彦
【所在地】
[本社] 滋賀県大津市中野3-4-13
[京都営業所]京都市中京区新町通夷川下る
二条新町707-1
【事業概要】炭素素材製品の研究開発
【電話番号】
[本社] 077-549-1309
[京都営業所]075-255-2418
【URL】 http://ohki-techno.com/

  


Posted by 知恵ビジ at 17:39Comments(0)お知らせ

2010年10月26日

㈱澤田商店 「知恵の経営」実践モデル企業に認証

 京都商工会議所知恵ビジネス推進室および洛南支部の支援先である㈱澤田商店(代表取締役・
澤田清隆社長)が京都府知恵の経営実践モデル企業に認証されました。


  認証書を手にした澤田社長と営業部主任の澤田真智子氏

 
 澤田商店さんは、作業服・作業用品の販売・レンタルを主な事業とされています。
 今回は、澤田社長と報告書を中心となって作成した澤田真智子主任に、報告書作成を支援した知恵ビジネス推進室の谷口支援員がインタビューしましたので、ご紹介させていただきます。

会社概要
【会社名】 株式会社澤田商店
【創 業】 昭和43年
【 代 表 者 】 代表取締役社長 澤田 清隆
【従 業 員 数】 10人
【事 業 内 容】 安全靴、作業服、作業用品の販売及びレンタル
【本社所在地】 京都市南区吉祥院這登西町30-3
【Webサイト】 http://www.workwork-world.com/


Q 知恵の経営報告書を作成しようと思ったきっかけはなんですか?

主任:これからの方向性を見つけたいと考えていたところに、尊敬している旧知の社長さんが
    「知恵の経営」のセミナーでお話されるということで、商工会議所のセミナーを受講しました。

社長:以前から、知り合いの社長さんに「知恵の経営」のことを聞いておりましたので、
    今回、良い機会に恵まれて取り組むことにしました。


Q 報告書をまとめていく際に苦労された点はどんなところですか?

主任:目先の業務に追われて、社長以外の社員は私も含めて、
    自社の強みを十分理解できていませんでした。
    そのため、初めは何を書けばよいのか分からない状態でした。
    たくさんの昔の資料の中から情報を取捨選択するのに時間がかかりました。
    また、社員間でコミュニケーションを取り、資料をまとめる作業にも苦労しました。

社長:将来のことを経営のものさしという形で数値化するのに苦労しました。
    また、落ち着いて自社の歴史を振り返り、
    記憶を辿りながら整理していくのは大変でした。


Q 報告書を作成されて変わったところはありますか?

社長:頭の中を整理でき、今後の事業戦略を実行に移す順序立てができました。
    数値化には苦労しましたが、そのことで、
    社員が経営者の視点で考えられるようになりました。
    現在は、さらにそれらを発展させ、情報の見える化や共有化の準備をしています。
    また、これまでは、社員の自主性に任せすぎていた面もあるので、
    社員自身が成長を実感できるようにサポートの必要性を改めて感じました。
    結果だけでなく、プロセスもしっかりと見て、社員教育に生かすつもりです。

主任:報告書を作成することで、自社の歴史への理解が深まりました。
    また、作成の過程で、協力し合うことの大切さを実感し、
    社内のコミュニケーションも以前にも増して良くなっています。
    今後すべきことも少しずつ見えてきましたし、自信もつきました。
    これからも頑張っていきたいと思います。


Q 本所の支援はいかがでしたか?(支援員と専門家(中小企業診断士)が担当)

社長:提出まで何回もお力添えいただきました。ありがとうございました。

主任:タイトなスケジュールの中、ぎりぎりまできめ細かなフォローをしていただきました。
    お一人お一人のご協力がなければ、認証は難しかったと思います。
    みなさまには本当に良くしていただいて感謝しています。


Q これから報告書を作成される方へのメッセージをお願いします。

社長:「知恵の経営」報告書は自分の思いや考え方を整理整頓するのに最適ですよ。
    当社では、この取り組みにあたり、初心を忘れず、これからも社員一同、
    力を合わせて頑張っていこうと改めて思いました。

主任:今後の方向性に迷っておられる方や自社の歴史を振り返って整理したいと検討中の方に、
    おススメします。
    取り組むことで見えてくることは、各社それぞれかと思いますが、
    結果だけでなく、取り組もうとする姿勢を大切にしていただければと思います。


                     同社本店  


Posted by 知恵ビジ at 16:11Comments(0)お知らせ

2010年09月28日

知恵認定企業 αステーション出演(第4回:上羽絵惣㈱)!

■協賛:オムロン(株)
■協力:京都商工会議所
■エフエム京都・周波数:89.4MHz
■出演コーナー:α-MORNING KYOTO
■DJ: 佐藤 弘樹
■放送日:9月7日(火)~10月19日(火)の
     毎週火曜日10:20-10:30(10分間)

本日のご出演は、上羽絵惣株式会社 取締役 石田結実さんです。

まずは打合せです。
石田さん(写真中央)は、DJ佐藤弘樹さん(写真左)の大ファンとのことで早速サインをいただきました。
佐藤さんありがとうございます。


それでは、本番です。


緊張のスタートでしたが、胡粉ネイルについて「安心・安全」を説明し
「一人でも多くの女性にいろどりを!女性を美しく、元気に!」 と
しっかりアピールしました。


石田さん、おつかれさまでした。

周波数:89.4MHz

■今後の出演:
10月 5日 共進電機(株) http://www.kyoshin-electric.co.jp/
10月12日立命館大学 中森孝文准教授 
10月19日龍谷大学 佐藤研司教授

「知恵産業のまち・京都」推進に向けた取り組みの1つとして、知恵ビジネス
認定企業6社および知恵ビジネス戦略会議・佐藤座長に、地元メデイアのエフ
エム京都「αステーション」に出演していただき知恵ビジネスの取り組みや今
後の予定を紹介します。

【知恵産業のまち・京都について】
http://www.kyo.or.jp/chie/
京都商工会議所は、2007年11月「知恵産業のまち・ 京都」の推進を基本
 方針とした「ニュー京商ビジョン」を策定しました。

京都に昔から息づいてきた「生き方の知恵」「暮らし方の知恵」「まちの
 あり方の知恵」を活かしながら「科学と技術」「匠の技」「デザイン」な
 ど京都ならではの知恵を加えて、新しい商品やサービスを開発し、新たな
 付加価値によって顧客創造しようというものです。
 
H21年度、知恵産業の推進を目的に「知恵ビジネスプランコンテスト」
 を開催し、6件のユニークかつオンリーワンの事業プランを認定しました。
 京都商工会議所は現在、この6社の顧客創造への取り組みを集中支援して
 います。

■問い合わせ先
京都商工会議所 知恵ビジネス推進室
bmpj@kyo.or.jp  


Posted by 知恵ビジ at 18:11Comments(0)お知らせ

2010年02月10日

ワックジャパン訪問記!!

3月3日開催のベンチャー支援セミナー「インバウンド市場を開拓せよ!」で講師を務めてくださる有限会社ワックジャパン様(代表:小川美知社長)の新しい本社を訪問しました。京町家の中で体験できる本拠地です。

セミナーご案内はこちら→ http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_090388.html

ワックジャパン様の新拠点は、京都市中京区二条高倉上ル東側の民家を改修、2009年12月に移転されました。
http://www.wakjapan.com/jp/

こちらが外観



町家をそのまま活かしたので、昔ながらのお台所でお料理も体験できます。



すべてのお部屋が畳敷き。お茶、お花、お琴、着付けなどあらゆる体験ができます。



小川社長です。プロフィールは下記のとおり。



<プロフィール>
1949年愛媛県生まれ。77年女子大学学芸部英文科卒業。78年3月大学中退と同時に結婚、1年10ヶ月をパリなどヨーロッパで暮らす。日本語教師を務めた後、97年有限会社ワックジャパン(WAK=Women’s Association of Kyoto)設立。09年東京事務所開設、同年12月本社社屋を中京区の京町家に移転。05年よりNPO法人京都カルチャービジット代表理事。10年1月第5回JTB交流文化賞受賞。

3月3日セミナーでの事例紹介プレゼンが大変楽しみです。みなさんどうぞご参加ください。  


Posted by 知恵ビジ at 12:03Comments(0)お知らせ

2009年10月16日

ITの『かかりつけ医』をもとう!

第6回特別編 スモスモ経営セミナー
 ITの『かかりつけ医』をもとう!

      主催:NPO法人JASIPA関西支部
         経済産業省 近畿経済産業局
         (財)関西情報・産業活性化センター 

http://sumo-x-sumo.com/schedule/before/post-sp1/

世の中不安要素を上げればキリがない。どんな状況に
なったとしても世の中で必要とされるものは生き残る
のです。

コンピュータシステムに使われるのではなく、システ
ムを使いこなしている各社が、システムをいかに使い
こなしたのかを事例に、いかにしてITに取組んでいる
のか。

「仕事がない」「受注がない」と嘆くばかりでは何も
始まりません。来年以降も生き残ろうと思っておられ
る企業経営者の方、必見です。目からウロコです。

■日時:10月27日(火)
    14:00~16:30
■会場:中小機構経営支援プラザUMEDA
    (大阪駅前第3ビル19F)
■定員:70名
■費用:無 料
  ※終了後17:00から懇親会(参加費4,000円)
■主催: NPO法人JASIPA関西支部 http://www.jasipa.jp/ 
    経済産業省 近畿経済産業局
    (財)関西情報・産業活性化センター
■後援: 京都商工会議所
■運営: 近畿スモ×スモ協議会 http://sumo-x-sumo.com/  
■プログラム:
14:00
 開催挨拶  杉本 浩(JASIPA関西支部長)
14:05~14:50
【基調講演】成長の鍵は生産管理システムにあり
       『ITかかりつけ医』と二人三脚で
 講師 (株)ミヤジマ代表取締役 宮嶋 誠一郎氏
           http://miyajima-jp.com/
    (株)フェムト代表取締役 梅谷 康子氏
           http://www.femto-inc.com/
(株)ミヤジマ:
   2004年関西IT企業百選優秀賞
   2009年KANSAIモノ作り元気企業100社選出
14:50休憩
15:00~
【事例発表】
(1)紙のカタログからECサイト構築で売上げUP
  (トラック・自動車部品販売)
  (株)パーマン代表取締役 吉原 雅郎 氏
(2)Web 梱包材発注システム
  (精密機器・工具の(保護)緩衝材の製造)   
  (株)大 番 代表取締役 大崎常行 氏
  (株)ネットランド取締役副社長 瀬戸山 秀三氏
(3)特別養護老人ホーム「しらかばホール」の介護記録管理        
  (株)エヌ・エムプラン 取締役 山口 晴久氏

15:45~16:30
【パネルディスカッション】
テーマ: 頼りになるITかかりつけ医とは
(株)ミヤジマ 代表取締役 宮嶋 誠一郎氏
(株)パーマン 代表取締役 吉原 雅 郎氏
(株)大  番 代表取締役 大崎 常 行氏
(株)ネットランド 取締役副社長 瀬戸山 秀 三氏
(株)エヌ・エムプラン 取締役システム開発部長
                 山 口 晴 久氏
 経済産業省産業クラスター計画
     クラスターマネージャー 足 立 尚 樹氏
17:00~ 懇親会
■詳細はこちら↓
http://sumo-x-sumo.com/schedule/before/post-sp1/
■お申し込みはこちらから↓
http://sumo-x-sumo.com/info_x.htm
■問い合わせ先
 (株)エムトーン内
 近畿スモ×スモ協議会事務局
 電話:078-334-7579  


Posted by 知恵ビジ at 10:48Comments(0)お知らせ

2009年10月08日

工房見学と金箔体験 ~京仏具 小堀~

工房見学と金箔体験 ~京仏具 小堀~

http://kobori.co.jp/item/118

~京都 知恵と力の博覧会協賛事業~

          主催:株式会社 小堀
           http://kobori.co.jp/

京仏具(株)小堀様は、京都商工会議所 京都・ビジネ
スモデル推進センター(現・知恵ビジネス推進室)が
2002年「インターネットを駆使した仏具の製作工程
報告サービス」事業で認定した企業です。

社会貢献活動として、途上国の子ども達に贈るために寺
院の使用済み和ろうそくの回収も続けておられます。

金箔を貼る体験作業を通じて、地域の企業が守り伝える
伝統の技術にふれてみませんか。

職人の技をまじかで見られます。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

株式会社小堀は、安永4年(1775年)より培った技と心
を込め仏壇仏具を製造販売しております。

工房建設当初は、発注者が製作過程の確認のための施設
でした。その後、京仏具の品質の良さを伝えようと積極
的に工房の公開と体験を進めてきました。

「日本の伝統技術の良さを五感で感じてもらいたい。そ
して、ものを見ようとする目を養ってもらいたい。」と
いう願いを込め、失われつつある日本の伝統技術の伝承
をめざしています。

工房の見学、金箔体験にぜひご参加ください。
こんな感じで、金箔を貼ります。


男性も。


完成品はこちら↓


■開催日程: 10月14日(水)~12月18日(金)
      (第2・4土曜、日曜・祝日は休み)
■開始時刻:(1)10:00~ (2)13:00~ (3)15:00~
■要 予 約:7日前までに予約してください
■参 加 費: 工房見学は無料・金箔体験はお1人500円
■所要時間: 90分間
■場  所: 小堀 京仏具工房
       京都市山科区西野山百々町88
       TEL(075)591-0165
■内  容:
 〇仏具の製作工程と仏具資料館の見学(7日前要予約)
 〇金箔押し体験 料金500円(要予約)
 〇お仏壇ハッピーエンド物語(プレゼンテーション)
 〇来場者の方に、記念品進呈(食膳金箔)
■詳細・お申し込みはこちら↓
http://kobori.co.jp/item/118
■問合せ先
 (株)小堀
  電話  075-341-4121
   メール info@kobori.co.jp  


Posted by 知恵ビジ at 11:17Comments(0)お知らせ

2009年10月05日

畑しょっ!! 楽しく農業体験!!~マイファーム~

「畑しょっ!! 楽しく農業体験!!」
http://www.myfarmer.jp/oneday/

~京都 知恵と力の博覧会協賛事業~

    主催: 株式会社マイファーム
    http://www.myfarm.co.jp

1年間マイファームはちょっと・・・という方へ
1日だけのマイファーム農業体験コースで植え付け
と収穫のおいしいとこどり!!



4坪ほどの大きさで約2時間の農業体験しませんか。
汚れてもいい服装とスニーカーで、暑い日は帽子と
お水、寒い日はちょっと着込んでお越し下さい。



■開催日:10月~12月 毎週末 
■場所: 各地のマイファーム
     http://myfarmer.jp/step05/
■参加費:
 個人参加: 1人2625円
 家族・団体参加(4名まで):5250円
 5名以上: 1人につき大人2100円、
       子ども(中・高校生)1050円、
       小学生以下は無料
■苗・肥料・種はすべて無料
■お申し込みはこちらから↓
http://www.myfarmer.jp/oneday/

■問合せ先 (株)マイファーム
       メール info@myfarm.co.jp
       電話  0120-831-292
            (8:30-19:00対応)  


Posted by 知恵ビジ at 17:36Comments(0)お知らせ

2009年10月01日

着物すがたで京都観光を!きものステーション開設!!

着物すがたで京都観光を!
メルパルクで 「きものステーション」開設!!

     http://kyoto.kimono-st.com/index.html

       主催:「きものの似合うまち・京都」実行委員会
       協力:メルパルク(株)、京都駅ビル開発(株)

「きものの似合うまち・京都」実行委員会は、観光客に着物すがたで京都散策を楽しんでもらうため、10月1日から来年3月31日まで、京都駅前のメルパルク http://www.mielparque.jp/kyt/kyt01.html で、「きものステーション」を開設します。


--------------------------------------------------------------------------
◇貸出場所 メルパルク京都
       http://www.mielparque.jp/kyt/kyt01.html 
◇営業時間 10:00-18:00
◇利用料   3,000円(税込、合繊きものレンタル料、着付け料込み)
◇定 員   1日74人(女性60人、男性14人)
◇貸し出しの流れ
まずインターネットから予約 https://www.kimono-st.com/yoyak.html

メルパルクからの返信メールをもって「予約完了」

予約した日時に、「メルパルク京都」地下1Fへ
(お名前と予約番号が必要)

きものセットを選んで(約10分)、着付け(15~20分程)

洋服と荷物はロッカーへ

着付け終了後、その場で料金お支払い

お帰りの予定時刻を受付で確認、出発。

18:00までに戻って着替え。

◇予約はこちらから↓
  https://www.kimono-st.com/yoyak.html
--------------------------------------------------------------------------

きょうは朝からオープニングレセプション。玄関に大きな看板。


中にも。


知事も着物すがたです。


にぎにぎしく、テープカット。


「きものステーション」にはもちろん、貸し出し用の着物がずらり。


ぞうりもずらり。


着付けしてくれるスタッフが待機。


ロッカーもたくさんあります。バッグも貸してくれます。


みなさん、きもの姿で京都のまちを散策しましょう!!絵になりますよ~。  


Posted by 知恵ビジ at 12:01Comments(0)お知らせ

2009年08月17日

きょうと農商工連携フェア

きょうと農商工連携フェア

http://www.pref.kyoto.jp/news/event/2009/8/1249261481734.html

農商工連携の取り組みを皆さまに広く知っていただき
ビジネスマッチングを行うことにより、新たな農業ビ
ジネスを創出するため「きょうと農商工連携フェア」
を開催します。

農林漁業者や商工業者と交流を図りたい方、新しい
事業展開をお考えの方や農商工連携ビジネスに関心の
ある方のご参加お待ちしております。

■日時 9月1日(火)13:00-17:00
■場所 京都テルサ テルサホール
    (京都市南区東九条下殿田町70
     電話 075-692-3400)
   http://www.kyoto-terrsa.or.jp/access.html
■主催 京都府、農業ビジネスセンター京都、
   (財)京都産業21
■定員 500名
■参加費 無料
■プログラム
○講演 13:10-
「規格外農産物を使った地域の六次産業化」
(株)グラノ24K 代表取締役 小役丸 秀一氏
 http://www.budounoki.co.jp/
○事例発表 14:15-
「農家と連携した酢の製造」
(株)飯尾醸造 代表取締役 飯尾 毅氏
 http://www.iio-jozo.co.jp/index.html
○きょうと農商工連携応援ファンド助成事業
 公募説明会 15:00-15:30
○農商工連携交流会 15:00-17:00
■詳細はこちら↓
http://www.pref.kyoto.jp/news/event/2009/8/1249261481734.html
■お申し込み方法
 上記ホームページに掲載の参加申込書を参照の上
 メール又はFAXにて。
 送り先:
  【メール】ninaite@pref.kyoto.lg.jp
  【FAX】075-414-5039
■問合せ先
 京都府 農林水産部 担い手支援課
 担当:伊藤、安原、吉田
 ninaite@pref.kyoto.lg.jp  


Posted by 知恵ビジ at 16:58Comments(0)お知らせ

2009年06月01日

知恵のチャレンジャーネットワーク参加者募集!

知恵のチャレンジャーネットワーク参加者募集!

        http://www.kyo.or.jp/chie/

京都のまちのものづくり。それは長い歴史のなかで、
守るものと革新すべきものを見極めながら、より付
加価値の高い商品・サービスを新たに提案し続ける
ことで発展してきました。

ニーズが多様化し、市場が成熟した現在、京都産業
モデルが目指すのは「知恵産業」。それぞれの事業
者がもつ有形無形の知恵。新しいビジネスを創造す
るために、その知恵をジャンルの垣根を超えて、か
け合わせていく場、それが「知恵のチャレンジャー
ネットワーク」です。

■応募資格
 京都市内およびその周辺地域に事業所を構える
 京都商工会議所会員または入会対象事業者
■対象 
 ・自社の強みを活かし事業強化や新たな取り組み
  を行いたいと考えている事業者
 ・自社の強みを探している事業者など、事業の改
  革に取り組みたいと考えている事業者
■活動内容(検討中)
 ・テーマ別・課題別勉強会・セミナー等の開催
 ・情報交換・交流会等の開催
 ・知恵ビジネスに関する情報提供  他
■期間
 ご登録日から平成22年3月末を予定
■登録料 無料
■登録方法
http://www.kyo.or.jp/chie/ から
■登録期限 なし
■問合せ先
 京都商工会議所 産業振興部
 担当:佐々木・新見
 メール:shinkou@kyo.or.jp
 電 話:075-212-6450
 FAX:075-255-0428   


Posted by 知恵ビジ at 08:33Comments(0)お知らせ

2009年05月19日

中信学生デザインコンテスト

中信ビジネスフェア2009 中信学生デザインコンテスト

~次代を担う学生・大学院生の斬新・創造的なデザイン
 と京都の伝統文化が産学連携のなかでコラボレーション!~
     

京都中央信用金庫は、学生の斬新・創造的なデザインを
発掘し、産学連携ビジネスマッチングの機会を提供する
ことで地域の中小企業の発展に寄与するため、デザイン
コンテストを開催します。

■募集期間 5月1日(金)~9月30日(水)
■主催   京都中央信用金庫
■応募対象者
  京都、滋賀、大阪、奈良の大学に在籍する大学生、
  大学院生およびそのグループ
■賞金  最優秀賞20万円 優秀賞10万円2点 
     努力賞5万円5点他
■展示・表彰式 10月14日(水)10:00-17:00
  15日(木)10:00-16:00
        *中信ビジネスフェア開催期間中
■会場  パルスプラザ
     http://www.pulseplaza.jp/access.html
■表彰式
   10月15日(木)10:30
   中信ビジネスフェア特設コーナーにて
■展示  中信ビジネスフェア会期中、特設コーナー
     にて無料で一般公開
■出品条件
 「京風」をテーマとした家電製品や車、バイク等
 のプロダクトデザインを審査対象とします。
 作品の大きさは各辺50cmの立方体に収まる大
 きさ。既に商品化されたものや、今後商品化が予
 定されているものは出品できません。
■審査方法    
 中信ビジネスフェア出展企業及び審査員による投票。

10月14日(水)中信ビジネスフェア特設コーナー
 において製作者名を記した作品ごとのコンセプトボー
 ド及び作品を展示し、10月14日中に中信ビジネス
 フェアのブース出展者及び審査員から投票いただき、
 受賞者を決定します。
 
 翌10月15日(木)10:30から表彰式を行い
 ます。
■その他
 ・コンセプトボード作成のため応募用紙に200字
  以内で作品コンセプトを記入ください。
 ・作品の搬入・セッティングは10月14日。
  8:30までに持参してください。
 ・受賞者の方にはスピーチをしていただきます。
 ・表彰式後も作品の展示は、中信ビジネスフェア
  の終了(16:00)までお願いします。
 ・コンテストの結果及び作品につき、当金庫
  ホームページ及び各種メディアに発表する
  場合があります。
 ・受賞作品に関する著作権は受賞者に帰属します。
■応募用紙・詳細お問合せ先
  京都中央信用金庫
  営業推進第一部 営業開発課
  担当:根本・竹林
  電話075-223-8381
 (平日9時~17時)

2.ハヤシのシドー員日記Part243

2009年5月、知恵ビジネス推進室はブログをスタート
させました!こっちだから→http://chiebiji.kyo2.jp/
京つうトップページにバナー広告も出してるよん。こっち
http://www.kyo2.jp/ 今はまだメルマガのテキストデー
タをコピペしてるだけですが、徐々に写真付きでのセミナ
ー告知、訪問・来客の様子など日ごろの活動をお知らせし
たいと思います。コメントお待ちしております。乞うご期
待!!ハヤシ ふぁいと します。  


Posted by 知恵ビジ at 08:38Comments(4)お知らせ

2009年04月27日

新たな経済対策を決定ー経済産業省 中小企業庁からのお知らせー

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

京都・知恵ビジ推進ニュースVol.234

         京都商工会議所 知恵ビジネス推進室
         2009年4月27日発行

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◇京都商工会議所からのおしらせです。
◇知恵ビジネス推進室に関する情報をお届けします。
◇ご意見・ご要望、掲載希望の情報がございましたら、
知恵ビジネス推進室までお寄せください。
bmpj@kyo.or.jp
○○○○○○○○○ 目  次 ○○○○○○○○○○○
1.2009年4月10日新たな経済対策を決定
  ー経済産業省 中小企業庁からのお知らせー
2.ハヤシのシドー員日記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1.中小・小規模企業を全力をあげて応援します!
―2009年4月10日新たな経済対策を決定―

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/2009/090410KeizaiKikiTaisaku.htm

平成21年4月10日「経済危機対策」に関する政府・与
党会議、経済対策閣僚会議合同会議において「経済
危機対策」がとりまとめられました。

経済産業省 中小企業庁は、同対策に基づき、中小・
小規模企業対策をさらに拡充し、支援を進めていくこ
ととなりました。
------------------------------------------------
資金繰り支援をさらに拡充します!
 ○緊急保証の枠を20兆円から、さらに30兆円
  にまで拡大します。
 ○セーフティネット貸付の枠を10兆円から15.
 4兆円にまで拡大します。
  (うち、商工中金の危機対応業務は0.9兆円
  から3.3兆円にまで拡大)
 ○小規模事業者経営改善資金融資(マル経融資)
  の返済期間、融資限度額を拡充します。

ものづくり・販路拡大などを支援します!
 ○ものづくり中小企業の有する、基盤技術の高度
  化に対する支援を強化します。

商店街の取組を応援します!
 ○空き店舗を活用した託児所の設置など、社会課
  題に対応する取組を支援します。

雇用維持に取り組む中小・小規模企業を支援します!
 ○雇用調整助成金の支給の迅速化・簡素化を推進
  しています。
 ○中小企業庁が実施する、人材確保・育成のため
  の「実践型研修」は、雇用調整助成金や中小企
  業緊急雇用安定助成金の対象となります。

経済危機対策における税制改正!
 ○交際費等の損金不算入制度について、資本金1
  億円以下の法人の定額控除限度額を400万円
  から600万円に引き上げ、交際費課税を軽減
  します。
■お問い合わせ先
 近畿経済産業局 中小企業課 
 TEL:06-6966-6024
 http://www.chusho.meti.go.jp/


2.ハヤシのシドー員日記Part234

週末むちゃくちゃ寒かったやん。クリーニングに出そうと
思っていたジャケットを引っ張り出して着た。きんようび
は。知恵B4人しゅっちょー、ハヤシも会議2つと訪問1
件でちょーいそがしかったぴょん。きのう日曜日は人が
多いところで出かけてとてもくたびれた。オカアチャンは
ぴんぴん。体力つけねばとは思うのだが。うむ。本日も
ふぁいと!なのである。


京都・地域力連携拠点・事業承継支援センター(京都商工
会議所)はこちら→http://www.kyo.or.jp/chiiki-renkei/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◇京都商工会議所はお客様の情報を個人情報保護方針に基
 づいて管理しております。
 http://www.kyo.or.jp/kyoto/kyosho/aboutsite_privacy.html
◇メールマガジンのお申し込み・配信先変更・配信中止は
 https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=phva
からお願いします。
◇メールマガジン配信についてのお問い合わせは
bmpj@kyo.or.jp まで。
 編集/林 久美 編集責任者/窪田裕幸
◇本メールマガジンの商業用の転載はお断りいたします。
----------------------------------------------------
お問合先/発行者 京都商工会議所 知恵ビジネス推進室
bmpj@kyo.or.jp http://www.kyo.or.jp/kyoto
創業塾ブログ  http://sougyo.kyo2.jp/
TEL 075-212-6470(平日9:00-17:00)
〒604-8186京都市中京区烏丸御池南東角
アーバネックス御池ビル西館3F
----------------------------------------------------
(C)Copyright2006-2009
京都商工会議所知恵ビジネス推進室
All rights reserved.  


Posted by 知恵ビジ at 09:00Comments(1)お知らせ