京つう

  ビジネス/起業  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2014年07月23日

株式会社三輪タイヤ 新連携認定

 第4回知恵ビジネスプランコンテスト認定企業の
株式会社三輪タイヤ(代表取締役・三輪智信社長)が
新連携の認定を受けられました。
 三輪社長にインタビューしましたので、
ご紹介させていただきます。



                  認定証を手にする三輪社長



<企業概要>
【代表者】   三輪 智信
【所在地】   京都市山科区小野鐘付田町10-2
【事業概要】  自動車用タイヤ・ホイル小売およびメンテナンス
【電話番号】  075-571-2476
【URL】     http://www.miwa-tire.com/



Q 今回の新連携事業計画の概要について教えてください。

社長:「様々な業界ニーズに対応する電源搭載特殊用途自動車と
    車載専用電源システムの開発販売」をテーマに、
    当社がコア企業となって、
    発電機を開発・製造する㈱東洋電産と連携し、
    認定されました。 
    新開発した電磁石と永久磁石のハイブリッド型超小型軽量発電機を中心とした
    車載専用電源システム(True-Gシステム)と
    それを搭載して顧客毎の希望に応じて艤装(ぎそう)する特殊用途自動車の
    開発・販売を行うものです。
    発電機は車両エンジンに直結するため、
    荷台に発動発電機等を搭載する必要がなく、
    荷台スペースが十分活用できます。
    また、床下に搭載できるオプションの蓄電装置は、
    走行中に充電するためエンジン停止中も給電が可能です。


Q 知恵ビジネス認定に続き、新連携に申請されたきっかけは?

社長:静岡県の企業である㈱東洋電産との連携でしたし、
    関東中心に全国の市場を対象にした事業なので、
    京都ならではの知恵ビジネスや元気印に加えて、
    全国的に通用する新連携にチャレンジしようと思いました。
    実は新連携にチャレンジしたのも知恵ビジネスと同じで3回目でした。
    知恵ビジネス認定で1年間みっちりハンズオン支援してもらったおかげで、
    事業としての形が整い、
    今度こそ認定まで行けると思いチャレンジしました。
   

Q 申請の際に苦労された点はどんなところですか?

社長:本業をやりながら、
    また関東などで新規顧客を開拓しながらの申請書作成だったので、
    時間を確保するのに苦労しました。


Q 新連携を申請して良かった点はありますか?

社長:事業として成立するかどうかに力点が置かれているので、
    何をすべきか戦術レベルで整理できました。
    また、新連携に取り組む中で、
    電気自動車向け急速充電以外の用途の可能性に気づくことができました。


Q これから新連携に取り組まれる方へのメッセージをお願いします。

社長:今回の事業は、
    本業のタイヤビジネスがどうしても価格競争になってしまうため、
    付加価値の高いビジネスをしたいと考えて始めました。
    当社と同じように既存事業に限界を感じ始めている企業さんは、
    本業が好調な時にこそ新たなビジネスに取り組まれることをお勧めします。


Q 今後の抱負をお願いします。

社長:新たな案件をどんどん開拓したいと思います。
    自動車の「特殊用途」といわれる分野は世の中に沢山あります。
    当社の「True-Gシステム」を活用して今までにない車両を開発し、
    世の中に貢献していきたいです。
    何かお手伝いできそうなことがあれば、
    是非ともお声掛けください。



 三輪社長ありがとうございました。
 三輪タイヤさんの新たな展開が今後さらに楽しみですね!



--------------------------------------------------------------------------------------------
★ 京都商工会議所は、経営革新や元気印、新連携など
   中小企業の皆様の成長発展を後押しする
   さまざまな公的認証制度の申請支援等を行っています。

  お問い合わせは知恵産業推進室 または お近くの支部まで
  → http://www.kyo.or.jp/kyoto/kyosho/information.html
---------------------------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 知恵ビジ at 13:04Comments(0)

2014年07月16日

知恵ビジネス創出塾 ~新事業成功や知恵ビジネスプラン認定への近道~

 当塾では、少人数のグループに分かれて、本所経営支援員や経験豊富な中小
企業診断士がきめ細やかにサポートしながら、講義やワークシートを使って、
新事業展開や知恵ビジネスの実現に必要なノウハウを体得していただきます。
 意欲ある経営者や経営幹部、後継者の方はぜひご参加ください。


日 時■平成26年9月12日、19日、10月3日、10日(金) 13:00~17:00

場 所■京都商工会議所 教室(2階)(9月12日は役員室(3階))
     京都市中京区烏丸通夷川上ル(地下鉄「丸太町駅」6番出口直結)
     ※駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください。

対 象■新事業展開や知恵ビジネスを検討されている中小企業経営者、経営幹部など
     ※情報収集・営業目的のみでのご参加はご遠慮ください。     

定 員■30名(京都市内の中小企業の方を優先、先着順。) 

受講料■1万円(初日と最終日の任意参加の懇親会費は別途要、2千円×2回)
      初日に受付にて拝受致します。返金は致しません。

講 師■多田 知史 氏(中小企業診断士・
               合同会社Business Departure 代表社員)
      ほか一般社団法人京都府中小企業診断協会所属の中小企業診断士
      小畑 隆正 氏((株)丸嘉 代表取締役)(9月12日のみ)

主 催■京都商工会議所

詳細・申込はホームページをご覧下さい。
http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_089732.html

            
◇◇◇お問合せ先
     京都商工会議所 中小企業経営支援センター 知恵産業推進室(担当:谷口)
     tel 075-212-6470 fax 075-212-8871
     e-mail bmpj@kyo.or.jp  


Posted by 知恵ビジ at 11:03Comments(0)

2014年07月16日

株式会社FUKUDA 元気印中小企業認定&経営革新計画承認

 第4回知恵ビジネス認定企業である
株式会社FUKUDA(代表取締役・福田喜之社長)が
京都府から元気印中小企業認定と経営革新計画承認を受けました。
 今回、福田社長と
申請書作りの中心を担った宮川マネージャーに
インタビューしましたので、
ご紹介させていただきます。



         認定書等を手にする福田社長(右)と宮川マネージャー


会社概要
【会社名】      株式会社FUKUDA
【創  業】      1969年
【代表者】     代表取締役 福田 喜之
【事務所所在地】 京都市山科区大宅向山6番地
【Webサイト】   http://fukuda-lub.co.jp/



Q 計画の概要について教えてください。

社長:テーマは、
    工業油におけるIBCローリーサービスの新展開による吸引システム開発と
    残量検知システム導入によるビジネスモデルの構築です。
    
宮川:具体的には、
    これまで自動車向けで蓄積してきたIBCローリーサービスの
    ノウハウを活用し、
    工業油をIBCローリーサービスで販売し、
    新たな市場を獲得して、
    経営基盤をより強固にするという内容です。


Q 元気印と経営革新に取り組まれた経緯を教えてください。

社長:「いずれは」工業油でもIBCローリーサービスを展開する予定でしたが、
    「いずれは」が具体化していませんでした。
    ちょうどその頃、懇意にしている潤滑油メーカーから
    漏れにくい最新の機械作動油の地域での独占販売権を取得しました。
    知恵ビジネスメッセなどの展示会に
    自動車向けIBCローリーサービスとその工業油で出展していたところ、
    来場者の方から工業油のIBCローリーサービスへの引き合いが多数あり、
    廃油の吸引についてもお声をいただくなどしたことから、
    今回それらを具現化することにしました。


Q 申請書の作成過程で気づきなどはありましたか?

社長:申請書を作成する中で、
    漠然としていたプランを整理でき、
    スケジュールも明確になり、
    抜けている部分にも気づくことができました。
    そうしたことにより、
    ゴールまでの道が見えて、
    回り道をしなくて済みました。


Q これから元気印や経営革新に取り組まれる方へのメッセージをお願いします。

社長:何か認定を得たからといって売上が伸びるわけではありませんが、
    経営コンサルティングを受ける以上に、
    多くの第三者から事業を客観的に評価してもらえる
    いい機会になると思いますよ。
    

Q 今後の抱負をお願いします。

社長:自動車・バイク用のIBCローリーサービスで
    売上は伸びているところですが、
    3~5年の間に工業油も新たな売上の柱に成長させたいですね。


 福田社長、宮川マネージャーありがとうございました。
 福田社長は8月6日に知恵ビジネス創出塾プレセミナーでも
ご講演いただきます。
http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_089732.html
 FUKUDAさんの今後がさらに楽しみですね!



-------------------------------------------------------------------------------------------
★ 京都商工会議所は、経営革新や元気印など
   中小企業の皆様の成長発展を後押しする
さまざまな公的認証制度の申請支援等を行っています。

  お問い合わせは知恵産業推進室 または お近くの支部まで
  → http://www.kyo.or.jp/kyoto/kyosho/information.html
------------------------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 知恵ビジ at 10:51Comments(0)

2014年07月11日

株式会社青木光悦堂 経営革新計画承認

 第5回知恵ビジネス認定企業である
株式会社青木光悦堂(代表取締役・青木隆明社長)が
京都府から経営革新計画の承認を受けました。
 今回、青木社長にインタビューしましたので、
ご紹介させていただきます。



       経営革新計画の承認書を手渡される青木社長(右)


会社概要
【会社名】      株式会社青木光悦堂
【創  業】      1892年
【代表者】      代表取締役 青木 隆明
【事務所所在地】  京都市山科区大宅御所田町30-3
【Webサイト】    http://aokikouetudou.com/



Q 知恵ビジネスプランコンテスト、「知恵の経営」に続いての認定・承認ですね。

社長: はい。
    時期が重なり、
    資料作りが大変でしたが、
    事業内容を連日考え続けることができ、
    事業計画をスピーディーに深掘りできたように思います。


Q 経営革新計画に取り組まれた経緯を教えてください。

社長:「知恵の経営」で創業から現在までを振り返ることができ、
    自社の強みが明確になりました。
    そうすると、
    自然にこの強みを活かして今後どの方向に進むべきか、
    進みたいのかが、
    おぼろげながら浮かび上がりました。
    このぼんやりした着想をビジネスとして進めるために
    知恵ビジネスプランコンテストと経営革新に取り組みました。


Q 申請書の過程で気づきなどはありましたか?

社長:自分なりに描いた構想を
    文字や数字に落とし込むことが
    こんなに楽しいものなんだと発見できました。
    ただし、様々な角度で計画書を作るに当たり、
    苦手な部分や未経験の部分は一から学ぶ必要があり、
    骨が折れました。
    しかし、申請書を書き終えた時の達成感は
    今までにない満足感でしたし、
    「いよいよ始まるな」と自分に言い聞かせる良い機会となりました。


Q 本所の支援はいかがでしたか?(経営支援員が担当)

社長:定期的にスモールゴールの提出期限を切って、
    落ちこぼれないように、
    最初から最後までがっちりサポートして下さいました。
    特に苦手な部分や未経験の部分は懇切丁寧に支援して下さり、
    気が付けば自分の新しいスキルになっていました。


Q これから経営革新に取り組まれる方へのメッセージをお願いします。

社長: 人によってゴールまでの道のりが
    長い人も短い人もいらっしゃると思いますが、
    やり切ることを目標に取組まれることを是非お勧めします。
    自分自身や会社がわかっていないことにも
    たくさん気づけると思います。


Q 今後の抱負をお願いします。

社長:今は実践段階に移っていますので、
    計画通り行動するのみです。
    支援していただいた支援員さんに、
    また認証いただいた方々に良い報告ができるように頑張ります。



青木社長ありがとうございました。
青木光悦堂さんの今後がさらに楽しみですね!


---------------------------------------------------------------------------------------
★ 京都商工会議所は、経営革新や元気印など
   中小企業の皆様の成長発展を後押しする
   さまざまな公的認証制度の申請支援等を行っています。

  お問い合わせは知恵産業推進室 または お近くの支部まで
  → http://www.kyo.or.jp/kyoto/kyosho/information.html
---------------------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 知恵ビジ at 13:22Comments(0)

2014年07月04日

知恵ビジネス創出塾プレセミナー「ビジネスのタネは知恵で伸ばす!」(8/6)開催のご案内

知恵ビジネス×京bizS「ビジネスのタネは知恵で伸ばす!」
http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_091425.html
主催:京都商工会議所


 京都商工会議所では、「知恵産業のまち・京都」の推進に向けて、企業独自
の強みや京都の特性を活用することで顧客創造を図る「知恵ビジネス」を支援
しています。
 今回のセミナーでは、第1部・第2部は知恵ビジネス創出塾受講から知恵ビ
ジネス認定につなげた2社が事例発表、第3部のパネルディスカッションでは
KBS京都「京bizS」でおなじみの竹内弘一キャスターが知恵ビジネス認定企
業の魅力を余すところなく引き出します。


-------------------------------------------------------------------------------
【開催概要】

日 時■平成26年8月6日(水) 13:30~15:30

場 所■京都商工会議所 2階 教室


内 容■
 (1)事例発表「知恵ビジネスと京商フル活用で、
         あらゆるヒトとモノの潤滑油に!」        
   発表者:福田 喜之 氏((株)FUKUDA 代表取締役社長)

(2)事例発表「下請加工からメーカーへ、
           パーソナルコンプレッサーで不景気も吹っ飛ばす!」
   発表者:坂 栄孝 氏((株)坂製作所 代表取締役社長) 

 (3)パネルディスカッション「知恵の連鎖で盛り上がる京都の中小企業」
   コーディネーター:竹内 弘一 氏(KBS京都 記者兼アナウンサー)
   パネリスト:福田 喜之 氏((株)FUKUDA 代表取締役社長)
          坂 栄孝 氏((株)坂製作所 代表取締役社長)


対 象■新事業展開や知恵ビジネスを検討されている中小企業経営者、
     経営幹部など 

定 員■150名(先着順)

参加費■無料

予 告■中小企業の新事業創出や知恵ビジネスプラン策定を目指して
     知恵ビジネス創出塾を開催します。
     (9月12日、19日、10月3日、10日(金)の全4回シリーズ。
      受講費:1万円。任意参加の懇親会費は別途)

申込■下記ホームページからお申し込み下さい。
    http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_091425.html

お問合せ先■
 京都商工会議所 中小企業経営支援センター 知恵産業推進室
  担当:谷口    tel 075-212-6470  


Posted by 知恵ビジ at 11:02Comments(0)