京つう

  ビジネス/起業  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2011年07月09日

三共精機株式会社様・全社員による知恵の経営デイスカッション

京都商工会議所が行なっている京都府知恵の経営報告書の作成支援。
2011年6月15日付で京都府知事から「知恵の経営」実践企業として
認証された三共精機(株)様が、恒例のサマーミーテイングを真夏のような
暑さの7月9日、土曜日の休日に社員を集めて開催。

そのなかで全社員による「知恵の経営」デイスカッションを開催されました。

「知恵の経営」報告書を作成された企業で、ここまで社員に落とし込みをされる
企業は初めてです。かなり感動しました。

そもそも経営者が1人でつくるのではなく、社員に向けて、自分たちの強みを、自分たちの
存在価値を伝えるために、社内にプロジェクトチームを作って何度もミーテイング
を重ね、1年半かけて作成された三共精機様。知恵の経営の本質、本来の姿です。

【三共精機株式会社】------------------------------------
 http://www.sankyo-seiki.com/
 事業内容  機械工具商社(ものづくりの課題解決業)
        切削工具、ツーリング、工作機械、測定工具、測定機器、装置・設備、
        環境関連商品、油・空圧機器、伝導、マテハン機器の販売およびソリューションの提供
 創業 昭和17年(1942)
 設立 昭和23年(1948)5月8日
 資本金 1,000万円
 社員数 52名
 代表取締役会長  伊東一壽
 代表取締役社長  石川 武
 所在地  〒601-8328 京都市南区吉祥院九条町49番地
 TEL.   075-681-5711
 営業所 京都、滋賀、岡山----------------------------------

京都商工会議所に届いた案内スケジュールはこちら。
内容みっちり&盛りだくさん!



4月キック・オフミーテイング、7月サマーミーテイング、12月ウインターミーテイング
と、全社員参加の勉強会なのだそうです。この時点ですでに素晴らしい。

まずは前半の出張報告や、岡山営業所10周年DVD上映。



知恵の経営報告書を印刷・製本してあらかじめ全社員に
配布、読んでおくように指示されたそうです。




そして知恵の経営デイスカッション。司会は藤田課長。



まず、石川社長からレクチャー。

知恵の経営とは、三共精機の強みとは。
自発的な気付きの場を提供したい、社員が学ぶことによって成長し、
一段上にあがることでさらに学ぶ、その循環が知恵のサイクル。



デイスカッションは40分間、各テーブルごとに担当を決めて。発表は3分間のルール。



各テーブルでデイスカッション・スタートです。



あっちでも



こっちでも



伊東会長も気になる様子でテーブルを巡回



石川社長も。



そして6チーム全てが発表








最後に石川社長の総括。
三共精機の「介在価値」、ものづくり課題解決のために三共精機が
できることを発信していこう。



三共精機の「知恵の経営」サイクルが一目でわかるチャート。



京都商工会議所はこれからも「知恵の経営」を実践する企業を
応援します。




Posted by 知恵ビジ at 22:01│Comments(1)
この記事へのコメント
改善提案を「継続している」ことも良かったと思った。
Posted by 若手社員 at 2011年07月11日 12:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。