京つう

  ビジネス/起業  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2010年05月12日

知恵ビジネスプラン認定【共進電機株式会社】

平成21年度知恵ビジネスプランコンテスト
認定プラン6社ご紹介

京都商工会議所は「知恵産業のまち・京都の推進」
を目的に平成21年度知恵ビジネスプランコンテスト
を実施、応募51件から6件を認定しました。

*知恵ビジネスプランコンテスト概要はこちら
  → http://www.kyo.or.jp/chie/

今回ご紹介は共進電機株式会社 様です。

共進電機株式会社
http://www.kyoshin-electric.co.jp

【会社概要】
代 表 者:代表取締役 小島 久嗣
所 在 地:京都市下京区七条御所ノ内西町18
事業概要:電気機械器具製造業
電話番号:075-311-8555
URL:   http://www.kyoshin-electric.co.jp

【認定プラン名】
『顧客満足度の高い一品受注システム構築と
 そのブランド化』 想いを完全に具現化

知恵ビジネスプラン認定【共進電機株式会社】

顧客ニーズに合わせたモノづくりを実現する
「KOPEL」

会社に集うすべての人たちと共にいつも前向きに
前進する企業を目指す共進電機。創業後60年にわ
たり、産業用電気・電子設備の開発・設計・製造
を行ってきました。

高い電源コントロール技術を強みとして、大量生
産段階直前の開発最終段階の一品物の装置を多く
受注してきました。その経験を元に、発注者の想
いをカラーで装置イメージ図(2Dまたは3D)に
表し、顧客との仕様再確認を行うプロセスを加え
た新しいプロセス“KOPEL”(Kyoshin 
Ordermade Products ELectric)を構築。

これにより、さらに顧客満足度の高いオーダーメ
イド装置を作り続けています。

知恵ビジネスプラン認定【共進電機株式会社】

●知恵の使いどころは、想いを完全に具現化

当社の受注品の多くは、大量生産段階直前であり、
比較的納期は長いが、より完成度の高いものを求
められます。発注者の想いをビジュアル化し、ア
イディアを出し合えるシステムにより、開発段階
からプロジェクトに加わることができます。

また、当社の装置なしには製造が不可能なほど完
成度の高い装置を納品することで、製品が市場に
投入される際の生産ライン用に大量受注を得るこ
とができます。

新システム“KOPEL”のブランド化により、
「早い」「安い」が売りの受注型企業とは明らか
に異なり、大量生産型の大企業とも異なる、いわ
ゆる中間に位置する産業製造機械の中軸装置の一
点品オーダーメイド企業としての地位を構築する。

●私たちのチャレンジ

国内で生き残るため企業に求められる脱大量生産
型のスタイルとして、付加価値の高い一品製品を
つくり続けます。

パナソニックをはじめとする国内大手各社からの
受注実績をもとに、コアコンピタンスが活かせる
新エネルギー分野に進出します。

今後、経済力向上により高付加価値商品の需要が
増えていくと考えられる中国・韓国の太陽電池メ
ーカーや研究機構にも販売を伸ばします。

“お客様に感動していただけるものづくりを目指
そう”を合い言葉に“KOPEL”ブランド品を、年商
3億円の事業に育てます。

知恵ビジネスプラン認定【共進電機株式会社】

-----------------------------------------------
【知恵ビジネスプランコンテストについて】
 ―京都府ビジネスモデル創出事業―
   http://www.kyo.or.jp/chie/

京都商工会議所は2007年11月に「知恵産業のまち・
京都の推進」を基本方針とする「ニュー京商ビジョ
ン」を提唱し、その一環として京都の強みを生かし
た独創性あふれるビジネスモデルの発掘・育成に取
り組んでいます。

知恵ビジネスプランコンテストは、知恵を活かして
顧客に新たな価値を提供しようとする事業プランを
専門家等による審査において、さまざまな角度から
審査・評価を行い、知恵ビジネスとして認定します。

認定事業プランはハンズオン支援を行い、種々の支
援施策を活用して計画の実現性を高めていきます。

公募テーマ:京都にインパクトを与える知恵ビジネス
公募対象:                              
 京都の特性と企業独自の強みを活かしながら、新た
 な知恵によってオリジナルの技術や商品・サービス、
 あるいはビジネスモデルを開発し、“顧客創造”を
 実現する事業プラン
対象者:
 京都府内に活動拠点を置く中小企業または個人によ
 る申請
審査基準: 
-知恵の使いどころに重点を置いた評価-           
知恵の使いどころが巧み(企画・構想の独自性、斬新さ)
知恵の使いどころが与えるインパクト(社会・業界の波及度)
知恵ビジネスの実現性(経営資源・成長性)
-----------------------------------------------




Posted by 知恵ビジ at 18:24│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。